ロボアドバイザーは初心者でも資産運用が可能なのでしょうか?
今回は、資産運用サービスで人気のロボアドバイザーサービスについて、紹介したいと思います。
ロボアドバイザーは、金融アルゴリズムを用いた全自動型資産運用サービスです。
通常なら自分で管理しなければならないポートフォリオなどを全てアルゴリズムが自動で調整しながら、最適なポートフォリオとリバランスを行います。

▼ 目次

ロボアドバイザーとそしすてむトレードの違い

これまでシステムトレードというのが一時期流行りましたが、ロボアドバイザーはそれとはまた違ったサービスになります。
システムトレードはあくまでも戦略プログラムで動かすだけのことで、ポートフォリオの管理まではやってくれません。
つまりシステムトレードを稼働させるには投資家自身がトレードに関する知識を持っていないと使いこなせません。
ですが、ロボアドバイザーの場合は、資産運用全体を自動で行なってくれますので、投資家自身の裁量は必要ありません。
そのため、初心者でもお金さえあれば、プロ並みの資産運用を実現することが可能です。

特に長期投資をやりたいという人には、ロボアドバイザーが最適です。
運用は長期投資の分散投資で行います。
投資家が預け入れたお金を自動で引き落とし、各種銘柄に分散投資をしていきます。
資本金と投資対象の分散になるので、リスクが限りなく小さくなるのがロボアドバイザーの強みです。
どんな銘柄に分散投資をされるのかと言うと、主に海外の上場投資信託がメインで、他には国内外の株式や債券などを、その時の相場の環境に応じて、ポジションを調整しながら建てていきます。
リスクを取る時には、株式のようなボラティリティの高い銘柄にポートフォリオを傾かせて、リスクを避ける時にはリスクの少ない債券へと、ポートフォリオを調整するような戦略が用いられることが多いです。

ロボアドバイザーとは自分で運用するのは何が違うの

さてそんなロボアドバイザーですが、自分で運用するのと何が違うのでしょうか?
人によっては、ロボットにお金を預けることに不安を感じる人もいるかもしれません。
ですが自分で取引をするよりも、ロボアドバイザーの方が実は安全ということは、意外に知られていない事実です。

自分で取引をすると、プロ並みの知識を備えて相場に挑まなければなりません。
センスがあればいいのですが、全く知識もなく技術もない状態で相場の世界に飛び込んでしまうと、資本を増やすどころか、全てのお金を溶かしてしまうことになりかねません。
特に短期売買は、訓練を積んでいない人でないと難しいです。
短期売買は、手数料負担自体がが高くなりますので、まずはその壁を越えなくてはならず、投機的な値動きにも対応してロスカットや利食いを自分でコントロールしつつ、やらなければなりません。

そもそも 相場に張り付く時間がある人でないとできない手法ですので、やれる人は限られてくるのではないでしょうか?
ですがロボアドバイザーだと、長期投資にはなりますが、それら全ての投資行動をアルゴリズムが引き受けてくれますので、投資家は自分の時間を削ることなく資産運用を行うことができます。
ロボアドバイザーは時間がなくても始めることができ、未経験者でも投資を行えますので、副業で投資をやりたい人や投資の知識が全くない人に、おすすめのサービスだといえます。

ロボアドバイザーの利回りはどうなの?

気になるロボアドバイザーの獲得利回りは、大体3%から6%を目安にしておくといいでしょう。
相場の様子によってパーセンテージが変動しますので、確実なことは言えませんが、利益が出るとしたらそのぐらいの利回りだと考えておくといいでしょう。
デイトレードと比べると少ない利回りになりますが、圧倒的に安全性が高いです。
元本割れをするリスクもありますが、目先の値動きに左右される投機トレードと比べれば、はるかに安全に運用が行われます。

ロボアドバイザーを始めるにはどうしたらよいの?

さてロボアドバイザーを始めるにはどうしたらいいのか?についてのお話をします。
ロボアドバイザーを始めるには提供業者のホームページから口座開設を申請しなければなりません。
口座を開設する時には、一般口座、特定口座源泉徴収あり、特定口座源泉徴収なし、の中から希望する口座タイプを選び口座開設を行います。
この時選んだ口座は、途中で変更することができませんので気をつけてください。
一般の方であれば、特定口座の源泉徴収ありを選んでおくことで、後々の税金の申告が不要になりますので助かります。
申し込みはネットで完結しますので、昔の口座開設と比べてはるかに手短に手続きが終わるようになっているのが嬉しいポイントです。
必要書類だけ画像添付が必要になりますので、免許証の裏表をスマホで撮影しておくといいでしょう。

口座開設の申し込み自体は数分で終わりますので、手間はそれほどかかりません。
ただ実際に取引ができるまでは一週間程度かかりますので、口座開設通知書が同封されたハガキが届くまで待つことになります。
ハガキが届いて、記載されているIDとパスワードを入力してログインをすれば、取引を開始することができます。
取引が開始されるまでは少々長く感じるかもしれませんが、もしハガキが届かない場合は口座開設をした業者に問い合わせをしてみてください。