ロボアドバイザー投資とは、一体どういう手法なのでしょうか?
今回は、金融商品の中でも、パフォーマンスの良いロボアドバイザー投資に注目してその特徴を調べてみました。
ロボアドバイザー投資はインデックス戦略を用いていることが多く、そこに好パフォーマンスの秘密が隠されています。

インデックス戦略とは、市場平均指数に連動した運用を心がける戦略のことで、株価指数や NYダウなどが基準となりそれに近いパフォーマンスを成果としてあげることを目標としています。
つまり市場の動向がマイナス推移なら、ロボアドバイザーの成績もマイナス推移になってしまい、プラス推移なら好調に元本が増えていくことになります。
そこに資本金の分散効果が加わることで取得平均を下げることができ、 不調な相場が値を戻した時に、大きな利益を得られるようになっています。

このようなインデックス投資とは対極の手法に、アクティブ投資戦略というものがあります。
ロボアドバイザーの中には戦略を複数の中から選べるものもありますので、どういう戦略があるのかを十分に確認してから口座開設をするようにしましょう。

安定力のある資産運用が定評のロボアドバイザーですが、弱点もあります。
それは運用管理手数料が年率で徴収されてしまうということです。
これは資産運用がマイナスになっていても徴収されるお金ですので、長期的にマイナス推移が続いてしまうと、投資家へのコスト負担が大きくなります。

また先ほども書いたように、インデックス投資戦略では、市場の動向がネガティブな時は運用自体もマイナスで推移してしまいがちなので、元本割れリスクがあることを念頭に置いておかなければなりません。
仮にロボアドバイザーの調子が悪い時は、どのような対策が行われるのか?と言うと、変動の激しい株式資産から債券へと、ポートフォリオを組み替える作業が自動で行われます。
そうすることで市場全体が下落傾向にあるときでも、変動幅を抑えた運用をすることが可能です。
また投資家自身も、積立てる金額を途中で設定変更することができますので、調子が悪い時は積立金を少なくして、調子が良いときは積立金を増やすといった戦略をとることも可能です。

ただ、ドルコスト平均法をベースに考えていくのであれば、市場の調子が悪い時の割安をたくさん拾って行き、高くなったら積立を減らして行くという戦法を取ることも考えられます。
投資家ができることはここまでになりますので、あとはロボアドバイザーに任せて運用を継続することになります。
これから投資を始める人は、ロボアドバイザーをうまく活用できるよう、少しずつ投資の勉強をしていくといいでしょう。

Posted by:edt