ロボアドバイザー業者を選ぶときの比較ポイントについて、解説してみたいと思います。
ロボアドバイザーは、だいたいどの業者もやることは変わりません。
銘柄の選定から税金の処理まで、全ての資産運用を代行して行うのがロボアドバイザーサービスの特徴です。
ですが、細かなルールやサービス内容が業者ごとに異なりますので、今回、その部分を比較ポイントとして取り上げてみたいと思います。
どういうポイントを見て、各業者を比較すればいいのでしょうか?
ぜひ参考にしてみてください。

まず一つ目の比較ポイントとして挙げられるのは、手数料の内容だと思います。
ロボアドバイザーでの運用は、長期に渡っての投資になりますので、その間の手数料コストが心配です。
手数料自体が高いと、利益を圧迫してしまう可能性がありますので、出来る限りコストが安い業者を選んだ方がいいでしょう。
業者によっては、長期運用することで割引が適用されるプランを提供しているところもあります。
条件を良く読んで口座開設をしてみてください。

二つ目の比較ポイントは、取引対象銘柄の内容です。
ロボアドバイザーは、世界中の金融商品に投資を行いますが、どの銘柄に偏るかなど傾向がありますので、詳しくはロボアドバイザーを提供する業者のホームページを確認してみてください。
どういう戦略で、どういう銘柄に対して投資を行うかなどの説明がありますので、参考にしましょう。
投資対象銘柄として一番多いのがETFという金融商品です。
これは、上場投資信託と言って、投資信託自体を金融市場に上場している銘柄になります。
株式と同じように変動がありますので、相場の地合いが良ければ値上がりし、悪ければ値下がりをします。
ロボアドバイザーは、世界中にあるETFに対しても、分散投資を行うようになっています。

三つ目の比較ポイントは、配当金の支払いについてです。
業者によっては配当金を期間中引き出せず再投資するところもありますので、その都度引き出しを選択できるかどうか?よくチェックしておいた方がいいでしょう。
ロボアドバイザーは、これらのことに注意して投資をする業者を選ぶと良いでしょう

そもそもロボアドバイザーは、どういう対象の人に対しておすすめの金融商品なのでしょうか?
ロボアドバイザーは、初期投資が10万円程度で始められる資産運用サービスですので初心者や、少額からコツコツ始めたい人向けだといえます。
また、比較的安定した運用が期待できますので、大型の資金を運用する人にも向いています。
特に業者によっては大型の資金を預けると、手数料が割安になるプランを設けているところもあります。
複数の業者を比較しながら、自分に合ったロボアドバイザー業者を選ぶと良いでしょう。

Posted by:edt