ロボアドバイザーは、投資家の間でメリットの大きな投資信託だという話を聞きます。
ロボットに資産運用を任せるのには、大変不安があると考える人も多いでしょう。
一体どのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、ロボアドバイザーの仕組みとメリットについて、解説したいと思います。

ロボアドバイザーは、大手証券会社も参入している自動資産運用サービスのことです。
独自のアルゴリズムが、投資対象銘柄の膨大なデータを分析して、投資家から預かった資金を分散投資していく機能です。
ロボアドバイザーは取引をするだけではなく、その後のポートフォリオ管理も自動で行いますので、極めてリスクコントロールに優れた投資信託になります。
基本的な売買戦略は、長期運用の分散投資です。

時間的なリスクを分散しつつ、資金を毎月一定額自動で積立てるので、リスクは極めて少なく、リターンは極力を大きくを目指した運用が可能となっています。
それでも元本がマイナスになるリスクはありますが、他の金融商品と比べてパフォーマンスが良い傾向があり、最近投資家の間で注目されつつあるようです。

デイトレードをやっていて勝てなかった人が、ロボアドバイザーに転向するケースもあります。
確かに短期売買は勝てれば大きいのですが、大体10人いたら1人勝てる人が現れるかどうかの世界ですので、あまり初心者がやるには、おすすめできない手法です。
ロボアドバイザーは、自分で銘柄を選定せずに、アルゴリズムが自動で海外の数万件以上の投資対象銘柄へと資本金を振り分けて運用を行います。
口座に預け入れた資金は、一定額が引き落とされ運用に回される仕組みです。

投資家がやるべきことというのは、資産運用の状況をアプリで確認したり、場合によっては積立金の設定を変更するだけです。
資産運用に関して自分の裁量を入れる必要がありませんので、投資の勉強をしなくても簡単に始めることが可能です。
ただ、全く勉強しないのも、不安が強いかと思われますので、少額資金を口座に預けながら運用状況を確認して、自分の経験にしていけばいいのではないでしょうか?
他には、トレード依存症にならないということもロボアドバイザーのメリットの一つとして挙げられます。

短期売買をやってる人の中には、ポジションを持たないと気持ちが落ち着かないという、トレード依存症になってしまっている人もいます。
そうなってくると、不用意にポジションを建ててしまう癖がついてしまいますので、なかなか資本を増やすことができません。
ロボアドバイザーなら、自分で取引をする必要がありませんので、ロボットに任せた安定的な資産運用を行うことができます。
投資に興味がある人は、この機会にロボアドバイザーについて調べてみてはどうでしょうか?

Posted by:edt